昭ちゃんコロッケ 山口県山口市

昭ちゃんコロッケ(しょうちゃんコロッケ)は山口県山口市の昭ちゃんコロッケ株式会社で製造・販売されているコロッケ。

季節ごとに使うジャガイモの産地を変えることで、水分量を常に一定に保つ。また、具にしっかり下味を付けているため、ソースをかけなくてもおいしい。挽肉には国産の牛肉を使っている。

店員が毎朝試食している。そのため、味を確かめてから販売する。

当初は山口市の本店などでのみで販売されていたが、知名度の拡大と冷凍技術の進歩もあって山口県内の高速道路のサービスエリアなど各地で販売されるようになったほか、通信販売も行われている。

山口市で精肉卸売業・小売業を営んでいた田中正美が1957年(昭和32年)に副業的にコロッケを販売したのが始まり。1987年(昭和62年)の第13回全国食肉産業展で開催された「全国手づくりコロッケコンテスト」で金賞を受賞したことで知名度があがった。


⇒昭ちゃんコロッケ

「殿様寿司」とも言われる岩国寿司

岩国寿司(いわくにずし)とは山口県の内、主に岩国市周辺で作られる押し寿司の一種。岩国城内で食べられていたこともあり、「殿様寿司」とも言われる。地元では「角ずし」と呼ばれることも多いが、広島地域で食べられる角寿司とは若干製法が異なる。

今から約380年前、岩国藩で収穫された米と蓮根に野菜を配し、近海の魚の身を入れ、保存食にするため味付けを寿司にしたものである。保存食とした理由は、山城であり、水が確保できない岩国城においての合戦に備えるためであった。

2〜3人前ずつ一層で作られる通常の押し寿司と異なり、一度に3升〜1斗入る大きな木枠の中に、サワラやアジなどの生魚の身をほぐして混ぜ込んだ酢飯の上に春菊などの青菜、岩国名産の蓮根、椎茸、錦糸卵などをのせ、これを何層にも重ね、サンドイッチ状にして上から全身の力をかけて押す作り方である。

層の区切りに仕切り板を使うものは全国にあるが、バショウやハスの葉を用いるのがユニークである。

できあがった大きな押し寿司を一人前ずつに切り分けて供するため、一度に数十人前が出来上がることになる。

錦糸卵などで彩られ、切り分けた後でエビなどを後のせすることもあり、見た目はちらし寿司風であり、できあがりの見た目が鮮やかである。


⇒「殿様寿司」とも言われる岩国寿司

下関とふく

下関とふく(しものせきとふく)は、フグの集積地としての山口県下関について記述する。下関など西日本では、フグの事を濁らずに「ふく」と呼ぶ場合が多い。これは、フグが「不遇」に繋がり、フクが「福」につながるからなど諸説があるがはっきりしない。若年層は普通にふぐと発音することも多い。

下関の天然トラフグの約6割は遠州灘沖で漁獲されたもので、15年ほど前から海流の変化で、遠州灘沖が国内屈指のトラフグの漁場となり、浜松市内の舞阪漁港で大量に水揚げされるようになった。国内に流通しているトラフグのうち、天然物は僅か1割ほど。

下関は、日本で水揚げされる天然のトラフグやクサフグなど8割近くが集まり、また長崎県や熊本県で、主に生産される養殖トラフグも大部分が集まる一大集積地である。下関に集まったフグはここで売買され、毒を持つ内臓部分などが除去する加工が成されたあと、東京や大阪の消費地へと運ばれる。

特に下関の唐戸魚市場は、1933年(昭和8年)に開設されたフグの取引所として知られ、大型船が接岸できる立地を生かした南風泊(はえどまり)市場は、日本最大のフグ取り扱い市場として知られている。山口県は1989年にふぐを県魚と指定。このように下関とふぐは象徴的な結びつきが強い。

イベント
1935年(昭和5年)より「関門ふく交友会」主催で「ふく供養」が行われている。太平洋戦争中は中断していたが、戦後復活し毎年4月29日に供養の行事として、ふぐの放流が実施されている。

また、下関ふく連盟により1980年より2月9日を「ふくの日」を制定。この日は「ふくの日まつり」が恵比寿神社で開催されている。


⇒フグ料理

瓦そば 山口県下関市豊浦町の郷土料理

瓦そば(かわらそば)は、山口県下関市豊浦町の郷土料理。その名の通り、熱した瓦の上に茶そばと具を乗せた料理である。川棚温泉のホテルや旅館を中心に広まっている。

西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年(昭和36年)に高瀬慎一が開発したとされる。一部の料理店では瓦ではなくステーキ用の鉄板で供されることもある(この場合は「茶そば鉄板焼」と呼ばれることが多い)。一部の店では焼きそばと呼ぶこともあり、瓦そばの存在自体を知らない県外の人が注文して驚くこともある。

当地では家庭向けにゆで茶そばとつゆのセットが売られており、家庭でも調理されることもある(もちろん、家庭では瓦に載せて供されることは皆無であり、ホットプレートやフライパンが用いられる)。

調理法
あらかじめ具材を用意する。錦糸卵と細切れの牛肉(甘辛い味を付けたもの)が一般的。

茹でた茶そばを炒める。基本的には瓦の上では炒めず、別途鉄板などで炒める。注:焼きそばのように炒めると麺が細切れになるため、炒めるというよりは焼き付ける感じで火を入れる。

熱した瓦の上に茶そばをのせ、具材を色よく盛りつけ、その上から薬味としてねぎ、のり、スライスしたレモン、もみじおろしをトッピングする。

茶そばと他の具を一緒に温かいめんつゆにつけて食べる。また、つゆには薄切りにしたレモンを入れ、好みに応じてもみじおろしを加える。

瓦で供される店では、瓦1枚の上に2〜3人前が盛りつけられる。
家庭で調理する際は、ホットプレートで炒めた上に直接具を盛りつけるとよい。


⇒瓦そば

お土産にも自分用にも最適な山口名物

名物ふく蒲セット

山口のお土産NO.1に人気の「ふく蒲」。新鮮なふくのすり身をふっくらと練り上げて焼き上げた定番の「ふく蒲」と桜の木のチップでじっくりと燻製をした香りの高い「ふぐ蒲燻製」の2つのお味をお届いたします。

大人気の選べる特典付活絞めとらふぐセット

大人気の選べる特典付活絞めとらふぐセット!本場の板前がさばく山口直送トラふぐ鍋、トラふぐ刺しに白子などの豪華特典・フグヒレ・ふぐ皮付送料無料の山口直送トラふぐ!「ふぐ鍋・とらふぐ刺身 セット ふぐ白子他特典付5-6人前」

卵太郎こだわりスーパープレミアム

スーパーのたまごと黄身の色が濃く家族で驚きました。味はくせもなく、たまごがけご飯とオムレツでおいしく食べました。

トラフグ白子

食べ応えも十分あり、家族で美味しくいただきました。
白子が好きな人にはお勧めです。

焼き抜き蒲鉾「昇龍」とさしみ竹輪「漁火」


山口県の蒲鉾をどうしても食べてみたくて注文しました。プリプリで竹輪も美味しかったです。魚コロッケはフライパンで焼き、回りがカリッとして適度に甘味もありこれまた美味しかったです。

本場山口産天然フグ使用ふぐ鍋セット

天然ふぐ鍋たっぷり500gふぐ皮・ふぐヒレ付き!本場山口産天然フグ使用ふぐ鍋セットが格安です。
3千円以下で、4人で、フグちりを贅沢にもたらふく食べらることができ、感動でした!!

果汁100%ストレート!無添加!山口県産ストレートみかんジュース

一般的なジュースは全果搾汁といって皮ごとしぼっています。この方が普通と言えるでしょう。
ただ、みかんの皮にはオイルが含まれていて、これが果汁にまざると酸化や劣化の原因になります。
またこれを取り除くと渋みや雑味などの少ないキレのある後味になるのです。飲み比べてみるとその違いは歴然です。

山口県瀬戸内海の干しえび

山口県瀬戸内海で、水揚げされたばかりの赤えびを乾燥・加工しました。
輸入物とは、色、香りが全く異なり、安心の国産100%の商品です。

いりこ山口県周防大島産

瀬戸内の穏やかな海で育まれたかたくちいわしです。
すっごくダシが出て、ってか、おダシ用に使うのがもったいないくらいのいりこです。

山口県産れんこんパウダー

岩国市は全国でも有数のれんこん生産地です。
錦川の清流が育んだれんこんは、柔らかく粘りがあり、味も格別です。
野菜パウダーの使用方法は様々ですが、野菜の「色」「風味」「食感」を料理に加えることが出来ます。

山口県豊北町産 有機JASきざみたかな漬

有機栽培の高菜と天日塩を使用し、
あっさり味に漬け込んだ体に優しい漬物です。

本場下関で修業した板前の活き締めフグ料理

美味しいもの食べたい時
こちらのフグ皮はコリコリでとっても美味しいです♪

長州屋自慢ののどぐろ干物

長門仙崎/下関漁港でとれた脂たっぷりで白身の大トロと言われる高級魚のどぐろ!
淡路の藻塩と天日塩のブレンド塩の薄塩仕立て!長州屋自慢ののどぐろ干物お試し3枚セット

五橋 発泡純米酒 ねね

シュワシュワ発泡タイプの日本酒です。
麹(こうじ)に由来する甘味、瓶内二次発酵による微細な炭酸ガスの心地良い刺激。
甘味と炭酸ガスの自然な刺激は全く嫌味が無く、軽快そのもの。
アルコール分6%未満なのでとっても軽やかで、甘酸っぱいのが特徴。
特に食前酒にオススメです。

セグロイワシ唐揚げ

山口県周南市沖で水揚げされたカタクチイワシを使用しています!
ただ揚げるだけで、そのままおいしく食べられました。あたりまえかもしれませんが、調味料は不要です。

山口県萩産の上乾ちりめん

萩のちりめんは釜茹、冷風乾燥後 天日干しています。
適度な塩加減でおいしいです。

剣先するめ

山口県の仙崎周辺の海域で獲れたいかを
一昼夜冷風乾燥で干し上げ 乾燥させました。
お酒をよりいっそう美味しく召し上がれます!
軽く火であぶってどうぞ!

山口いよかんゼリー

果肉がたっぷりでとても美味しかったです!果肉の歯ごたえもプリプリしていてジューシーで美味しかったです。

山口県産 刻みわかめ

刻みのみ。味付けなしで素材の味を。磯の風味が漂います。
温かいご飯にふりかけてお召し上がり下さい。お弁当や、おにぎりにもどうぞ・・・。又、粗めに刻んでみそ汁や、酢の物にもどうぞ・・・。

山口県周防大島産太刀魚

瀬戸内海産の網太刀魚です。1kgサイズと食べ応えのある肉厚です!スーパーの身の薄い太刀魚では、ありません。今が旬で脂が乗っています。塩焼きにレモン汁を かけてどうぞ。とろける様な身と香ばしい皮は、絶品です!
網で捕った今が旬の脂がのった肉厚、太刀魚です!

上品な味わい山口県産、甘鯛

身が柔らかく上品な味わいです。関西や京都では古くより珍重している最高級魚のひとつ。淡泊で癖のない白身で、身が柔らかく上品な味です。

山口みかん100%ストレートジュース

ほんとうにおいしいー、みかんジュースをのみたいときにたのみます。ミカンジュースがにがてな主人がのめます。

さしみ竹輪 漁火

美味しい食べ方
斜めに2等分して盛り付け、刺身の様に山葵醤油でお召し上がり下さい。
加熱すると硬くなりますので、おでん等に使う場合は食べる直前に鍋に入れて下さい。

活き車えび

最高級の山口県秋穂(あいお)ブランドの車エビをオガクズに入れ、活きたままお届けいたします。

山口県産生き生き甲イカ

商品は、お刺身、焼き物、煮物色々なバリエーションでご利用下さい。一度に食べきれない場合は、小分けしてラップに包んで冷凍保存すると良いです。
新鮮な内に冷凍したイカは、解凍後お刺身で食べられますので、とても便利です。 

山口県北浦産 金印 粒ウニ

日本でも有数の綺麗な海として知られている「山口県北浦の海」で生まれ育ったウニをこれまた山口を代表する名産品の「瓶ウニ」に致しました。
まろやかで、キメ細かい北浦のウニをお楽しみいただけます。

山口県周防大島産、天然ヒラメ

高タンパク・低脂肪のヘルシーな魚。脂肪が少ないのに味の良いのは、たんぱく質のアミノ酸バランスがよく、旨味成分イノシン酸を多く含むため。
消化吸収がいいので病後や疲労回復、高齢者にもお薦めです。「えんがわ」は、コラーゲンや脂肪が豊富なので美肌を保つ効果があります。骨粗鬆症や関節炎、老眼や眼精疲労などの予防が期待出来ます。

ブランド鯵。瀬付きあじ開き

油がよく乗っていて美味しいです。でも油臭くなくっていいお味です。

萩の夏みかんマーマレード

本当に爽やかでジューシーなマーマレードです。しっかりとした皮が美味で、他のマーマレードを買う気にはなれません!

山口県銘菓 毛利の殿さま巻

つぶあん・こしあん各1本入
小豆あんに夏みかんを入れて練り上げ餅と一緒に一文字焼の生地で巻いた萩を代表する銘菓。

虎月堂 シュークリーム

皮はふんわり!中はとろ〜り♪秘伝のカスタードクリームがたまりません!

山口県・CHOU CHOU マンゴータルト

サクサクのパイ生地の中には、フレッシュでジューシーなマンゴーがたっぷり!パイ生地とマンゴーの美味しさを引き立てる絶妙の焼き加減がポイント。ひと口食べると幸せになれると評判のフルーティな贅沢スイーツです。

山口県・鹿野牧場 ハムセット

山口県周南市鹿野の人里離れた高原で、徹底した衛生管理と良質な飼料で育てられたハイポー豚。オランダのハイブリッド豚を原種とするこの豚は、味・肉のしまり・色に優れた知る人ぞ知るブランドポーク。この優秀な豚を樫の木のチップでスモーク、増量剤は使わず、添加物も最小限にして丹念に作り上げた鹿野ファームのハム・ソーセージ詰め合わせです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。