瓦そば 山口県下関市豊浦町の郷土料理

瓦そば(かわらそば)は、山口県下関市豊浦町の郷土料理。その名の通り、熱した瓦の上に茶そばと具を乗せた料理である。川棚温泉のホテルや旅館を中心に広まっている。

西南戦争の際に熊本城を囲む薩摩軍の兵士たちが、野戦の合間に瓦を使って野草、肉などを焼いて食べたという話に参考にして、1961年(昭和36年)に高瀬慎一が開発したとされる。一部の料理店では瓦ではなくステーキ用の鉄板で供されることもある(この場合は「茶そば鉄板焼」と呼ばれることが多い)。一部の店では焼きそばと呼ぶこともあり、瓦そばの存在自体を知らない県外の人が注文して驚くこともある。

当地では家庭向けにゆで茶そばとつゆのセットが売られており、家庭でも調理されることもある(もちろん、家庭では瓦に載せて供されることは皆無であり、ホットプレートやフライパンが用いられる)。

調理法
あらかじめ具材を用意する。錦糸卵と細切れの牛肉(甘辛い味を付けたもの)が一般的。

茹でた茶そばを炒める。基本的には瓦の上では炒めず、別途鉄板などで炒める。注:焼きそばのように炒めると麺が細切れになるため、炒めるというよりは焼き付ける感じで火を入れる。

熱した瓦の上に茶そばをのせ、具材を色よく盛りつけ、その上から薬味としてねぎ、のり、スライスしたレモン、もみじおろしをトッピングする。

茶そばと他の具を一緒に温かいめんつゆにつけて食べる。また、つゆには薄切りにしたレモンを入れ、好みに応じてもみじおろしを加える。

瓦で供される店では、瓦1枚の上に2〜3人前が盛りつけられる。
家庭で調理する際は、ホットプレートで炒めた上に直接具を盛りつけるとよい。


⇒瓦そば


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。