長門・下関周辺の観光スポット7 萩焼深川窯元の里など

龍宮の潮吹(山口県長門市油谷津黄)
津黄の断崖にある海食洞で、国の天然記念物・名勝。崖に開いた縦1m、横20cmほどの空洞に押し寄せた荒波が、圧縮された空気に押し上げられ、うなりを上げて上空に噴出する。吹き上がる潮は時には30mもの高さに達し、天に昇る龍のように見えることからこの名が付いた。潮吹き現象が見られるのは主に北西風が強い冬場のしけの日で、なぎの時は見られない。

青海島観光船(山口県長門市仙崎字漁港南4297-2)
青海島の奇勝を海から探訪する観光船。波に浸食されてできた雄大な景観を間近に見ることができる。基本の1周コースは所要1時間30分。青海大橋から西海岸、断崖や奇岩が次々と現れる北海岸を探勝し、仏岩を経て内海に入り仙崎港に戻る。外洋が荒れている場合は内海コース、観音洞コース、大島コース(所要各約1時間)などに変更される。貸切船の場合はコースの選択可。

青海島キャンプ村(山口県長門市仙崎紫津浦2057)
紺碧の海が眼下に広がるキャンプ村。特に夏場は海水浴のメッカとして利用客が多い。冷暖房を備えたバンガロー10棟1泊7000円〜、常設テント12張1泊3500円(夏期のみ)、持込サイト60張(大1500円、小1000円。1人利用500円)。

青海島自然研究路(山口県長門市青海島)
青海島のほぼ中央、静ケ浦から海を見晴らす遊歩道が延びている。Aコース1200m(所要40分)とBコース700m(所要20分)があり、展望台から十六羅漢や象の鼻などの奇勝が眺められる。一部海岸にも出られる。

青海島高山オートキャンプ場(山口県長門市仙崎青海)
標高320mの高山中腹にあり、眼下には青海島の自然美が広がるキャンプ場。施設も充実しており、身障者用のトイレも用意されている。近くには黄波戸[きわど]温泉がある。4〜11月開設。

黒井漁協観光釣り堀(山口県下関市豊浦町涌田後地754-1)
涌田港の一角にある2万平方mもの養魚場。鯛やハマチ、アジなどが釣れ、レストランでは刺身、あら炊き、吸い物など調理してくれる(調理代別途)。

下関市菊川自然活用村(山口県下関市菊川町上岡枝歌野)
村内でヤマメの養殖をしているので、釣堀で釣りを体験できる。春は桜、夏はゲンジボタルと四季折々の自然を満喫できる。

豊田湖畔公園キャンプ場(山口県下関市豊田町地吉348)
豊田県立自然公園・豊田湖畔にあるレジャーゾーン。湖畔で楽しめる釣りやバードウォッチングは家族連れに人気。設備も充実している。通年開設。要予約。

萩焼深川窯元の里(山口県長門市深川湯本三ノ瀬)
萩市と並ぶ萩焼の里。約400年前に御用窯が築かれたのが始まりといわれ、現在も5軒の窯元がある。田原陶兵衛工房(時間:8時30分〜12時、13時30分〜17時30分、休み:日曜、月2回月曜)、大野瑞峰窯(時間:8時30分〜18時、休み:火曜、電話:25-3636)、坂田泥華窯(時間:8時30分〜16時30分、休み:日曜、電話:25-3903)は見学が可能。周辺には、古い窯の跡や陶土を砕くサコンタとよばれる水車小屋がある。

ふく楽舎・ふくふくゼミナール(山口県下関市彦島西山町5-2-1)
フクの調理にチャレンジできる料理教室。専門家の指導のもとでトラフクを調理し、味わえる。天白コース7140円(持ち帰り半身分を含む)。11時〜、所要2時間。3日前までに要予約(12月中は休み)。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。